クレジットカード現金化は女性利用者の需要が高く、レディースプランで女性を優遇しています。

親和ギフトのレディースプラン

お金を持つ女性

親和ギフトのレディースプランでは、通常の個人プランよりも換金率を3~4%優遇しています。
同様のプランを用意しているクレジットカード現金化業者は多数ありますが、親和ギフトのレディースプランは優遇が大きいと評判です。

 

クレジットカード現金化業者が女性を優遇する理由を含めてレディースプランを優遇します。

 

業界最高スペックのレディースプラン

利用条件は女性であること、ただ一つです。
簡単な条件にも関わらずレディースプランの優遇率は大きく、1番需要の大きい11万円~50万円の利用では個人プランの89%に対してレディースプランは93%のスペックになります。

 

レディースプランでも、別途キャンペーンの適用を受けられるので、金額やキャンペーンの活用によって破格の条件で利用できます。

女性を優遇する理由

クレジットカード現金化は女性利用者の比率が高いです。
女性は消費者金融の在籍確認における審査や、自動契約機を含めて店舗・拠点への出入りを嫌って、借入審査に問題ないにも関わらず現金化サービスを利用する方が多いです。
つまり、クレジットカード現金化サービスで多数の顧客を獲得するには女性ユーザーの取り込みが必要不可欠です。

 

需要の高い利用者層だからこそ、親和ギフトをはじめ現金化業者は薄利多売の条件にしてでも女性を優遇しています。

 

女性はリピーターが多い

買い物をする女性

クレジットカード現金化を利用する女性の目的は、買い物や旅行など娯楽に関係することが多いです。

 

滅多に起こらないイレギュラーな状況ではなく日常生活の中で起こりうる状況で利用する方が多いので、繰り返し利用する方も多いです。

 

非正規雇用者の比率が高い

アルバイトやフリーター、派遣、その他水商売関連(収入はあるけど税申告していない)など正社員以外で働いている方の比率が高いです。
こうした女性の働く職場は、同僚も正社員以外の雇用形態になっているケースが多く、紹介案件の多い傾向もあります。

 

クレーマーやネチネチ言ってくる利用者が少ない

クレジットカード現金化は、カード規約の盲点をついたグレーなサービスです。
利用するのに不満を抱いている人も多く、申込前の電話では、永遠と似たような質問を繰り返すユーザーも多いのが特徴です。
近年はSNSなどで悪い評判はすぐに拡散するので業者側はどんなユーザーでも、しっかりした対応をする必要があり、長電話してくるユーザーへの対応は大きな負担になっています。

 

男性に比べると女性は、クレームや似たような質問を繰り返す話の長いユーザーは少なく、すぐに理解するか細かいことは気にせずに利用する方が多いので、現金化業者から見ても業務効率の良いユーザーとして優遇しています。