親和ギフトの換金率は87~95%以上で、手数料は一切不要です

手数料

親和ギフトの換金率は87~95%以上です。
個人プランで10万円のカード決済をすると87%を掛けた8万7千円を振り込まれます。
差額の1万3千円が業者側の手数料になる仕組みです。

 

最近では最低でも90%以上、最高では98.8%と高い換金率を明記している現金化業者もいますが、換金率以外の手数料が発生して、実質換金率は店頭表示より大きく下がってしまうカラクリがあります。
TOPページで紹介している通り、親和ギフトは手数料一切不要のため、最低87%~のスペックでも業界最高水準と評価できます。

 

悪質業者の手数料

取られる手数料

実質換金率70~80%になってしまう業者の手口をまとめました。

 

消費税

カード決済額は税込、換金率の基準になるのは税抜きで計算されます。
つまり、税抜き計算する時点で8%も親和ギフトより余計な手数料がかかる仕組みです。
最高98.8%を明記しているところでも、消費税8%を差し引くと最高は90.8%で約10%の手数料を取られます。
親和ギフトでは個人プランでも50万円以上の利用で93%、100万円以上やレディースプラン法人プレミアムプランなら、さらに優遇されます。

 

送料

現金化で送付される商品にもよりますが、よくあるPCソフトの入ったCD-ROMの場合、安い業者を利用すれば250円~500円程度しかかかりません。
しかし悪質業者は数千円の手数料を取ってピンハネしています。
利用金額が少ないと送料の負担割合は高く、実質換金率に大きく影響します。

 

利用手数料

業者によって名称や徴収する手数料の種類はさまざまです。
一例を紹介すると、買取方式であれば買取手数料、自社製品でなければ仲介(販売)手数料など何かしらと理由をつけて手数料を取ってきます。

 

振込手数料

細かい部分ではありますが、利用金額が大きいと千円以上の手数料を取られることもあります。
3万円の利用で450円の振込手数料を取られると1.5%相当になるので甘く見てはいけません。

 

現金化業者も手数料を払っている

支払わなくてはならない手数料

現金化業者はクレジットカード決済をする加盟店になっていて、決済額の中から3~5%ほどの手数料を信販会社に払っています
親和ギフトは実績のある業者なので、おそらく3%ほどの安い水準の手数料に抑える契約になっているのでしょう。
事実上、97%以上の実質換金率はありえません

親和ギフトのスペックでも決済額の差額を見て、利益を取りすぎだと思うかもしれないですが、カード会社への手数料を考慮すれば薄利多売の運営方針だと評価できます。利用者は優遇されたカードだと1%以上をポイント還元で受け取れるメリットもあります。